teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


夕張説明会の変更

 投稿者:管理者  投稿日:2007年 3月13日(火)00時17分55秒
  夕張市で開催される説明会の場所が市民会館から「ひまわり」へ変更となりました。
「ひまわり」は廃校となった高校の跡地利用で宿泊施設へ変わりました。

今回の説明会では単に助成金の説明をするというよりは
新たな可能性をみんなで考える場という雰囲気になりそうです。

何が出来るか、したいのか、顔を合わせて考えてみたいと思います。

夕張で新しい「絆」が出来ることを願っています。
 
 

夕張市チャリティ

 投稿者:電波青年  投稿日:2007年 2月25日(日)21時51分22秒
  支援センターで夕張市チャリティーオークションをやってみてはどうでしょうか?落札金は全額夕張市に寄付します。  

夕張の透析移送

 投稿者:管理者  投稿日:2007年 2月22日(木)23時44分27秒
  マスコミ報道で夕張市の透析患者の移送が解決されたと聞いてホッとしていたが
実際に関係者から状況を聞いてみるとそうでもないようで、難問山積という状況らしい。

夕張市の透析患者は約30名で内6名が移送サービスを緊急に必要としている。
3月一杯で現在の病院が閉鎖され4月からは市外へ通院しなければならない。
週に3回定期的に治療を受けなければならないのだから通院手段の確保は最優先の課題だが
残念ながら財政が破綻し大半の職員が退職する状況では交渉にもならない
途方に暮れる患者の窮状にとにかく移送サービスで・・・
というのが実態のようです。

車輌も足りず、資金も足りず
本当に大変そうでした。
 

日本財団夕張支援補助金説明会

 投稿者:管理者  投稿日:2007年 2月21日(水)16時20分32秒
  日本財団 公益・ボランティア支援グループによる
夕張市での日本財団補助金説明会の開催をお知らせいたします。

「日本財団の助成制度についての説明会」

 日時:3月15日(木)午後6時から午後8時
 会場:夕張市民会館 4階 48号室
 住所:夕張市本町4丁目3番地
 電話:0123-52-2161

夕張支援活動で助成制度の利用を希望されている皆さんは是非ご参加下さい。
今回の助成は夕張支援を目的とした緊急助成です。
新たなアイデアを実現することも可能かもしれません。
通常助成にはない助成も臨機応変に対応可能なようです。

多くの皆さんへ周知をお願いいたします。
 

就労移行支援について

 投稿者:電波青年  投稿日:2007年 2月14日(水)12時12分36秒
  皆さんは就労移行支援についてどう考えていますか?ぼくは実際的ではないので反対です。  

(無題)

 投稿者:管理者  投稿日:2007年 2月11日(日)23時03分20秒
  電波青年さんへ

福祉施設の利用者が労働者か福祉サービスの受給者かというのは難しい問題だと思います。
利用者は働く場として選択したいと思いますが、
サービスを提供している側は雇用しているという意識より福祉サービスを提供することに精一杯の状態です。
雇用の場を確保する時に企業は費用対効果を考えて利潤を生むことを前提に雇用しますが
障がい者サービスとしての就労支援事業は利潤を生むところまで到達できてないのが現状です。
利潤を生み出す、もしくは作り出すことが求められているのだと思います。

働く障がい者が自己負担をしながら働くことへの矛盾を感じるのは当然だと思います。
現在の作業所や授産施設が利潤を産み出す努力をしなければならないと思っています。
 

作業所の現状

 投稿者:電波青年  投稿日:2007年 2月 9日(金)22時01分56秒
  作業所・小規模授産施設ではどんなに働いても月1万円前後です。これを就労と呼びたくはないですね。
さらに今施行されている障害者自立支援法では原則一割負担が義務づけられています。これは労働者を差別しています。私たちは普通に働き、給料をもらい、生活したいです。管理者は難しいと言っていますが職員や代表がこれについて真摯に考えて欲しいです。
 

自動排泄物処理装置「フローレット」展示説明会開催

 投稿者:管理者  投稿日:2007年 2月 4日(日)12時41分28秒
   本年より北海道難病連では自動排泄物処理装置「フローレット」の普及に携わる事と
なりました。
 自動排泄物処理装置「フローレット」は排便・排尿を自動処理し温水洗浄、温風乾燥
しますので、これにより患者本人も不快感や介護者への遠慮などから開放され、要介護
者・介護者共に負担を大きく減らせることができ、病院・施設においては紙オムツ代・
その廃棄にかかる経費とオムツ交換にかかる人件費の節減が可能です。
 また、排泄物処理の他にマイナスイオンとオゾンの発生機能を装備していますので、
室内を殺菌し清潔な環境を保つ事が出来ます。従いましてノロウイルスなどの感染を始
めとし各種の病気から患者や利用者を守り、介護者や施設側の職務環境が飛躍的に向上
します。
 付きましては、下記の通り「フローレット」の展示・説明会を開催したいと存じます。
ご多忙のところまことに恐縮に存じますがぜひご来場賜り、ご高覧いただきたくご案内
申し上げます。

                    (財)北海道難病連 代表理事 伊藤たてお

                  【記】

    日 時:2007年2月6日(火曜日)午前11時~午後7時

    場 所:札幌市中央区南4条西10丁目 北海道難病センター3階会議室
 

事件報道から

 投稿者:管理者  投稿日:2007年 1月29日(月)18時09分42秒
  広島で家族介護を放棄した結果死亡させたとして殺人未遂として逮捕されるという事件が報道された。

過去にも同じようなケースはあったが大抵は家族介護への同情の声が大きくなり減刑嘆願、可哀相な家族、悲惨な介護の実態として伝えられ、虐待を受けて死んでいくことへの怒りの声はかき消されて来た。
今回の事件がどのように報道されて行くのかはわからないが、何らかの議論もしくは疑問を持つきっかけとなって欲しい。

障がい者としての人生を自ら選択しているわけではなく、多くは偶然か不可避の結果として障がい者としての人生を歩んでいる。障がいは個性だという肯定的な意見も多いが、一方では障がいによって耐え難い苦痛や人には言えない悲しみを背負って生きている人も多い。

今回のケースがどうなのかは伝えられる情報だけでは量りかねるが、被害者の人権はどこにあるのかと疑問を感じる。

どんな人にも、意義ある人生であり、死に甲斐をもっているはずで、死に甲斐を感じるような環境をつくることこそが政治の課題ではないだろうか?
障がい者やその家族が変えている苦痛や悲しみを取り除くことが求められている。
今年は4年に一度の統一地方選挙と参議院選挙が行なわれる。
政治が課題に気づき、解決へと導くことを期待したい。


以下、事件報道より

介護放棄、殺人容疑で逮捕
妻と息子2人、広島

 広島県警は29日、必要な介護をせず家族を死なせたとして殺人の疑いで広島市安芸区中野3丁目、松田由美子(63)と博之(36)、実(31)の3容疑者を逮捕した。

 介護放棄による死亡をめぐっては保護責任者遺棄致死の疑いで立件されたケースがあるが、殺人容疑は異例という。

 死亡したのは由美子容疑者の夫洋一さん=当時(60)。

 調べでは、由美子、長男の博之、二男の実の3容疑者は、洋一さんが脳内出血の後遺症で介護なしには生活できないことを知りながら「死亡してもやむを得ない」として満足な食事を与えなかったほか、投薬や医師の診断を受けさせるなどの必要な措置も取らず、昨年11月初めごろ自宅で死亡させた疑い。

 洋一さんは2004年3月、脳内出血で倒れ、右半身がまひ。歩行、発言が困難で要介護3に認定されていた。(共同通信)
 

就業支援の方法について

 投稿者:管理者  投稿日:2007年 1月21日(日)12時08分59秒
  電波青年さんへ

いつもホップの掲示板へ書き込んでいただき、ありがとうございます。
作業所や授産施設を利用されている方が面接をする時には個々のケースによって同行の必要性を決めていますが、基本的にはホップでは同行していません。
今までは、就職への動機付けや課題解決の援助をしてきましたが実際に就職すると個人の努力で解決しなければならない問題も多く支援者が側に入れないケースも多いということと
ホップの人手不足もあって同行しないケースが大半でした。
今後は相談支援事業担当者との連携や他のネットワーク活用も含めて対応の予定です。
 

レンタル掲示板
/11