teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


困ったサンへ

 投稿者:ゆきもと  投稿日:2006年 4月24日(月)12時48分22秒
  まずは、タイムマネジメントに最適なご質問をいただきありがとうございます。「困ったサン」のご質問は多くの方にあてはまる問題だと思います。ところでこの困った問題について、上司や同僚から注意されたり、指摘を受けた事はありますか?多分受けた事はないのではないかと思います。この手の問題を明確に指摘、指導できる人は少ないものです。
さてではご質問にお答えします。
1.「期限が迫らないと、着手する気が起きない。」のは当たり前。多くの人がそうです。なぜなら仕事を始める(着手する)ときは、「やる気」だけでなく「やり方」もわかってないと始められるものではないのです。期限が迫るとその仕事に使える時間がはっきりして、その時間内でやれる事もはっきりする、つまりやり方も特定できるので着手できるわけです。このことから仕事を着手するポイントは大きく2つあることがわかります。ひとつは自分の時間予算がどれくらいあるかを把握しておく事。もうひとつはその仕事の「始めの一歩」は何かをはっきりさせることです。決してその仕事のやり方全部でなくて、あくまでも「はじめの一手」だけわかれば、着手は可能です。着手すれば、あとは結構スムーズに行くものです。
2.「一つの仕事を処理するのに時間が掛かりすぎる」については、二つの問題の可能性が考えられます。ひとつはやっている仕事の専門知識が足りなくて時間を要する可能性があること。もう一つはやらなくていいレベルまで掘り下げて仕事をやっている可能性もあることです。この状態で仕事をすると集中力もそがれ必要以上に時間がかかります。対策としては自分の力量(専門知識)とその仕事の仕上げるレベル(質)をはっきりさせることでその仕事への投下時間が読めるようになるという事です。読めるようになったらあとはその時間内に仕上げるようにただひたすらその仕事をするだけです。
3.「効率的な整頓方法がわからない」については、仕事の終わらせ方のルールを自分なりにつくっていない可能性が高いのではと思います。一つの仕事が終わった形を自分としてのルールをつくると、例えごちゃごちゃの机やキャビネットでも情報を見つけやすくなるから不思議です。これについては大和出版から出ている「超タイムマネジメント」(http://www.jtime.or.jp/mi/b_tm4.htm)に詳細が乗っています。ご一読をお勧めします。
4.「やるべきことが複数になると」は明らかに優先順位の問題です。この一番の解決方法は一日の中で一番大事な仕事をひとつだけはっきりさせて仕事に取り掛かるということです。忙しい日は勿論のことヒマな日もその日の中で一番大事をはっきりさせるトレーニングをつむということでしょうか。それが守れなくても気にしないこと。守るよりもはっきりさせることのほうが実は大事です。ちなみにデータをとるとやりたい仕事をその日のうちに処理できる割合は大体3割程度です。つまり、多くの人は困ったサンのように仕事を先送りしています。逆にちょっと仕事の進め方を変えるだけで、大きな成果の差を出す可能性をもっているともいえます。
お仕事精進してください。
 
 

とにかくだらしなくて

 投稿者:困ったサン  投稿日:2006年 4月24日(月)11時52分6秒
  面倒なことは後回しにする性格が強いため、時間管理、情報整理がまったくできておりません。例えば、
1.期限が迫らないと、仕事に着手する気が起きない
2.一つの仕事を処理するのに時間が掛かりすぎる(他人の2~3倍の時間)
3.書類は机やキャビネットに手元にある順に積み上げるだけで整理しないため、必要な情報がひつようなときに入手できない(効率的な整頓方法がわからない)
4.やるべきことが複数になると、目先の仕事や簡単な仕事から着手し全体のスケジュールを立てない(立てても守れない)などなどです。
これらを改善する方法はありますでしょうか。お教えいただきたく存じます。
 

イチアさんへ

 投稿者:ゆきもと  投稿日:2005年12月 7日(水)13時32分30秒
  返答が遅くなり失礼しました。
まず、未払い賃金の時効は二年です。今回も支払いの請求を多分口頭で行っていると思いますが、書面で日付入りのものを提出したほうが良いと思います。できれば、法的な書面内容証明等で出すのがベストです。
今回のケースは、イチアさんの業界では珍しいことではないと思います。頻発している事例だと思います。効果的な相談相手としては、労働基準監督署が良いと思います。事務所の所在地の管轄の監督署に出向いて相談してみてください。http://www.roudoukyoku.go.jp/shisetsu/kantoku/
にアクセスすると所在地が確認できます。相談の際、持って行ってもらいたいものに、間違いなく労働したことを証明できるもの(出勤簿など)や雇用契約書などの雇い主がイチアさんに支払いの義務があることを証明できるものがあると良いのですが、ご確認ください。いろいろ面倒なことも多いと思いますが、あきらめず、くじけず前進してください。ファイト!
 

どうした物か悩んでおります。

 投稿者:イチア  投稿日:2005年12月 3日(土)23時08分44秒
  私は、芸能事務所にいました。
仕事がもらえるようになり、どんなにつまらない仕事でも仕事だからと思ってやっておりました。いつか大きな仕事が来ると思って。でも、どう考えてもそこらへんの派遣会社の人が、私より高い給料で同じ仕事をしているし、何も自分が目指している所にかすりもしない仕事ばかりだったので、適当な理由をつけ、きちんともう決まっている仕事までこなして辞めてきました。
芸能事務所なので、お給料は2ヵ月後の末です。
2ヵ月後の末になり、振り込んでもらう約束でしたが、振り込まれたのは6万も足りませんでした。
事務所に電話をかけ、その事を伝えたのですが、調べるの一点張りで、連絡が向こうからはほとんどありません。
全額支払われるはずの日から、3ヶ月後。私は直接もらいに行く事に決めました。
すると、そこの芸能事務所は派遣事務所から、その仕事をもらってて、そこが支払いをしてくれないとの事。支払いを待ってくれとの事。
もう、3ヶ月待ってます。
2か月分まるまると、足りなかった6万(およそ51万)ほどが未払いです。
こういう給料の支払いの時効みたいなのっていつまでなのでしょう?
もう、誰に相談すべきかも、どこへ行くべきなのかもわからず、払わないと言われたわけでもなく、途方にくれているのです。
両親も知りません。
どうぞ、知恵を貸してください。よろしくお願いします。
 

販売業さんへ

 投稿者:ゆきもと  投稿日:2005年11月14日(月)15時36分35秒
  「不安な日々」について返信します。
困ってらっしゃるのはわかります。お客様とのクレームであることもわかります。
ところで今の仕事好きですか?投稿の内容から推察すれば、好きだろうなとは思いますが。好きであれば、誠意をもって続けさせてくださいと店長さんにお話しするのが良いのではないでしょうか?
困っている内容については、具体的でないので何とも言えませんが、大事なことは自分がどうしたいかということだと思います。お客様や店長さんの意向も大事ではありますが、それ以上に自分の意向(気持ち)はもっと大事だと私は思います。他人の気持ちに振り回されないしっかりとした自分の気持ちを見つけて下さい。
 

不安な日々

 投稿者:販売業  投稿日:2005年11月 9日(水)19時54分2秒
  初めて投稿させていただきます。私は携帯販売店でアルバイトをしています。先日ご来店されたお客様へお伝えした事に間違えがあり、その場で訂正し、謝罪しましたが、謝罪のタイミングが遅れてしまい、お客様を怒らせてしまいました。お客様からは2時間ほどご指導を頂き、お帰りになりました。その後、当店の店長からお客様へお詫びの電話をかけ、そこで3時間ご指導をいただきました。その後、その場にいたスタッフに対してもご不満があったようで毎日のように店長をはじめ、他スタッフが家に呼ばれ、ご指導を頂いています。その後、反省文を提出するようお客様が店長に伝えました。私をはじめ、他スタッフも反省文を書き、お客様に提出しました。そして何度か再提出を命ぜられました。
私としては十分反省し、謝罪をしていますが、一向に解決しません。
今日で11日目になります。スタッフも手薄になり他のお客様をお待たせしてしまう事もありますし、店長も毎日のようにお客様のお宅に訪問している為、私は毎日が不安でたまりません。また、そのお客様は以前にも大手会社でもこのようなやりとりが何社もあったとおっしゃっています。当店の親会社の重役を知っているなどと言います。最近では当店の宣伝車が毎日のように停車している為、近所の方が大変心配しているようです。店長としてもがんばっているようですが、上司に報告せず、当店の問題として解決したいようです。また、お客様から「おまえは・・・」「おまえはこの職業に向いてない」「お前は辞めた方がいい」など言われ、店長の判断で、今回は謹慎の処置をとるので・・・という事になり、何日か謹慎しました。立場上アルバイトなのですが、今後どのような対応をすればいいのか悩んでいます。
 

野口さんへ

 投稿者:事務局長  投稿日:2004年11月26日(金)19時57分43秒
  プレジデント記載の記事の診断についてのお問い合わせにお答えします。
ご質問の内容はもっともです。三社択一の質問となっておりますので、診断の精度は十分ではありません。書籍であれば十分にご説明できるとは思いますが、いかんせん文字数の限られた雑誌ですのでご容赦ください。仕事の進め方のスキルを確認なさるのが目的であれば、以下のドメインにアクセスしてください。無料にてスキルチェックをすることができます。
http://www.jtime.or.jp/saikyouhp/muryou1.htm

終わりになりましたが、雑誌記事を熟読いただきましたこと、貴重なご質問をいただいたことを深く感謝いたします。今後は文字数の少ない中でも十分にご理解いただける原稿とするよう精進させていただきます。
 

雑誌プレジデント2004.11.1号P.44-P.47「なぜか、使途不明時間が多い人」の働き分析」

 投稿者:S.Noguchiメール  投稿日:2004年11月26日(金)12時47分7秒
  標題の記事を興味深く拝見しました。質問ですが、タイプ診断チェックを、仮にどちらとも言えないの2を選択すると、タイムマイスターになるわけですが、納得感が感じられません。「どちらとも言えない」と言う選択によって一つのマトリクスに分布されることをどのように解釈したら良いかを教えてください。よろしくお願いします。  

sigma2さんへ

 投稿者:事務局長  投稿日:2004年 8月24日(火)15時26分45秒
  巻頭論文をお読みいただきありがとうございます。
お問い合わせの診断は、http://www.jtime.or.jp/saikyouhp/muryou1.htm
にて受けることができます。
それとご指摘を真摯に受け留め、論文から直接診断に飛ぶようにするようにさせていただきます。ご質問ありがとうございました。
 

巻頭論文

 投稿者:sigma2  投稿日:2004年 8月21日(土)12時24分55秒
   巻頭論文の中に出ている「アンケート簡易版」は、どこの掲載されているのですか?  

レンタル掲示板
/6