teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 試運転です。(1)
  2. 秋山白兎に話したいこと。(0)
  3. すいませーん(1)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


幸ちゃん。こんにちは。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年11月26日(日)10時42分54秒
編集済
  恥ずかしながら「糞詰まり」です。
便秘になると苦しいので病院で下剤を処方してもらっていたのですが・・・これが効きすぎちゃって漏らしたことがあるんですよ。
松富リハへ通いだして最初のころです。
それでテレビで見た「美爽煌茶」というのに替えたら効き目が穏やかでいいんですが、朝に服用して夕方にでるんです。それが夕方になってもでなくて朝にも出ないということになると、リハビリにいってから出るということになります。
リハのトイレは二つしかないし洗浄式トイレは一つでいつも混んでいます。それでリハビリを休んでしまうわけです。私が行く前は洗浄式のトイレがなくて前の所長の雷蔵さんに掛け合ってやっと片方だけ洗浄式にしたもらったという経緯があります。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 
 

秋山白兎さん、こんにちわ

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2017年11月25日(土)21時22分37秒
  白兎さん、今晩は体調いかがですか?最近木曜日のリハビリ見えませんが元気ですか?12月の俳句できましたね。良い句です。冬のアラアラ示唆がつたわってきます。冬は寒いので体調に気をつけて下さい、風邪を引かぬ様栄養補給して下さい。また松富リハビリであいましょう。有難うございます。  

12月の色紙。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年11月23日(木)11時49分39秒
  冬涛の砕けて岬また尖る
(読み)ふゆなみのくだけてみさきまたとがる
岬の突端に大波が押し寄せて砕けると更に尖ったように感じた。
季語は「冬涛」で冬。

訥々と雪の嵩云ふ羽後訛り
(読み)とつとつとゆきのかさいふうごなまり
秋田県から出稼ぎにきた人から積雪のことなどを詳しく訊いた。北国の人は概して寡黙な人が多い。
季語は「雪」で冬。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 

12月の色紙。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年11月23日(木)11時47分39秒
  鶴嘴に石跳ね返る冬はじめ
(読み)つるはしにいしはねかえるふゆはじめ
鶴嘴は旧陸軍や自衛隊では十字鍬と云い代表的な土工具です。固い土を掘り返すために使いますので小石が飛ぶこともあります。季語は「冬はじめ」で初冬。

棕櫚を剥ぐ梯子に祖父の墨書あり
(読み)シュロをはぐはしごにそふのぼくしょあり
棕櫚の皮の繊維は耐久性があって棕櫚縄や棕櫚箒に使います。祖父が梯子を新調したときの年が書いてあったという小さな発見。季語は「棕櫚を剥ぐ」で初冬。



日雇の見目好き寡婦も頬かむり
(読み)ひやといのみめよきかふもほおかむり
工事現場にもうっとりするような美人が働きにきます。寡婦は後家さんです。
季語は「頬かむり」で冬。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 

11月の俳句色紙。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年10月16日(月)20時10分57秒
編集済
  消炭の恋の落書き艶めける

【よみ】けしずみのこひのらくがきつやめける

昔は傘マークに男女の名前を並べて書いた色っぽい落書きがありました。季語は「消炭」で冬。


凩の娑婆を逃れる縄のれん

【よみ】こがらしのしゃばをのがれるなはのれん

木枯しの吹く世間は寒いが縄のれんをくぐればそこは補陀落・・・ふだらく・・・観音の浄土です。季語は「凩・こがらし」で冬。


風説と枯葉渦巻く吹き溜まり

【よみ】ふうせつとかれはうずまくふきだまり

公園のベンチにはうわさ話と枯葉が渦巻いている。季語は「枯葉」で冬。


麦飯の咀嚼も忘れとろろ汁

【よみ】むぎめしのそしゃくもわすれとろろじる

とろろ汁だと麦飯を噛み砕くこともなく啜りこんでしまう。季語は「とろろ汁」で秋。


鱈ちりや人の情けに似て淡し

【よみ】たらちりやひとのなさけににてあはし

寒い夜には鱈のちり鍋と熱燗がよい。ちり鍋はポン酢などで食べるから具材の味は淡白である。季語は「鱈ちり」で冬。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 

11月の俳句色紙。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年10月16日(月)20時08分18秒
  今日は少し時間が余裕があったので俳句の色紙を書きました。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 

幸ちゃん。こんにちは。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年10月 3日(火)15時46分49秒
  今日も元気にリハビリやってきました。
木曜日もがんばりますのでよろしくです。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 

俳句

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2017年10月 3日(火)13時15分5秒
  今日は、白兎さん、十月の新しい俳句できましたね。秋の季節感が感じ取れます!
野仏、鰯雲、十三夜ふんだんに秋色を見せ地いますね。明日は中秋の名月天気が良いといいですね”
また松富リハで合いましょう。元気で、さようなら!!
 

十月の色紙。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年 9月25日(月)11時41分22秒
  野仏の石の瞼に秋の蜂
のぼとけのいしのまぶたにあきのはち
路傍の石仏の瞼のあたりに蜂が止まっている。

流さねば泪が重し鰯雲
ながさねばなみだおもしいわしぐも
泣きたいときは泣いてしまわないと精神衛生上よくない。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 

十月の色紙。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年 9月25日(月)11時25分17秒
編集済
  妻につく嘘の可笑しき十三夜
つまにつくうそのおかしきじゅうさんや
家内は直ぐに信用してくれるので深刻な内容の嘘はつけません。

鯊舟を舫ふ引佐の澪つくし
はぜぶねをもやふいなさのみおつくし
奥浜名湖へ蟹籠漁やハゼ釣りに行きました。舟を繋いだ杭は澪標かどうかは定かではありませんでした。

木犀の黄金の散華いさぎよし
もくせいのこがねのさんげいさぎよし
木犀の花の散り際は潔いものです。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 

レンタル掲示板
/1237