teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 試運転です。(1)
  2. 秋山白兎に話したいこと。(0)
  3. すいませーん(1)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


幸ちゃん。ありがとう。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年 9月13日(水)09時30分21秒
  火曜日には久しぶりにリハビリへ行って全部のメニューをこなしてきました。木曜日も頑張りたいです。

実は便秘が酷くて苦しんでいました。病院の下剤は効きすぎて漏らしちゃうんですよ。トホホです。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 
 

白兎

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2017年 9月12日(火)21時15分2秒
  白兎さん、今晩は最近身体の調子どうですか?松富リハビリで見えないので心配しています。
九月の俳句良く出来ていますね。解説付で解かりやすいです””又新しい俳句お待ちしてます。
さようなら**
 

茶菓子さん。こんばんは。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年 9月 9日(土)20時02分0秒
  平成13年に小3ということは現在26,7歳ということになりますね。
若いということはなるほど経験は少ないかもしれませんがこれからの伸びしろが限りなくあります。俳句に限らず何事も勉強してください。

歳時記・季寄せに掲載されている季語・季題の類の中には既に死語となっているものも多く、古稀の老人でも理解に苦しむものもたくさんあります。
小生はわかりもしない季語を無理につかわなくても現代に通用する季語でも十分に俳句は書けると思っております。

リハビリというのは永年の不摂生が祟って糖尿病・肛門周囲膿症・脊椎圧迫骨折・陥入爪・硬膜下血腫を立て続けに発症しまして車椅子生活になってしまいました。現在週二回のリハビリを受けています。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 

返信ありがとうございます!

 投稿者:茶菓子  投稿日:2017年 9月 9日(土)18時51分26秒
  平成13年というと、私はたぶん小学3年生頃。
俳句、国語の授業でやりはじめてたかな?と、思い出せもしません(恥)
世の中は私どもの世代を「ゆとり」と呼び、確かに同世代には「鼻息の伺い方も知らぬ」と言われる人間が多いところを、四苦八苦しながら生きています。

ちょっと分かったような生意気なことを書いてるかもしれませんが
お叱りあればおっしゃってください。

平成生まれの私にとっては、白兎さんの感じるようないわゆる「(日本の)原風景」というものを、おそらく持っていません。
その点で、すごく後れを取っているというか、しみじみと季語の世界に入り込むのが難しいように感じています。だから少し羨ましくもあり。

そうして、よく考えてみると、自分の原風景、平成の原風景というのは何なのか、と思いをこらすと、昭和興起の時代、現場にいた人々が作り上げたものがたくさんあるに違いない、と確信するのです。

だからきっと、白兎さんは、私どもの世代にとっての、原風景の生みの親のひとりに違いないと思うのです。

現代俳句への玉作に

日報へ白露と記す恙なし        平成22年09月

とありました。
私がこの句に感じ、じんわりと響いてくるこの感覚は、日本というものが何であるのか、私の原風景は何であるのか、ということを教えられている気がするからなのだと思います。


話はかわりますが、伝統俳句協会というと、私が去年まで住んでいたアパートの4件となりが伝統俳句協会の事務局本部でありました。あのときにちゃんと俳句を向き合っていれば……、とも思いますが、まあ、家が近所なだけでは何も起こることもありませんね。

長々と与太話のようになり申し訳ありません。
昨今は気温の変化も落ち着きそうではありますが、この掲示板の書き込みに「リハビリ」等お見受けし、どうぞご自愛のほどお祈り申し上げます。

乱文失礼いたしました。
 

茶菓子さん。こんにちは。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年 9月 8日(金)10時44分48秒
  小生が俳句を始めたのは平成13年でした。今年で16年目です。
現場で働く労務者の俳句を作り続けています。称して「土方俳人」です。
最初は日本伝統俳句会のネット句会に参加していました。当時はけっこう成績がよかったんです。伝統俳句会のネット句会が急に閉鎖されたので、現代俳句協会へ移りましたが以後の成績は低空飛行です。

俳句は若いうちに勉強するのがいいですよ。小生のような古稀の老人では独創的な句は書けなくなりました。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 

大好きです!

 投稿者:茶菓子  投稿日:2017年 9月 7日(木)18時13分48秒
  現代俳句のネット句会から参りました、小林茶菓子です。

ゾクゾクっとするほど面白い、カッコいい俳句をたくさん拝見させていただきました。
ありがとうございます。

私は句歴というほど長いことやってないのですが、
それでも「分かる!」「こういうことかな?」という句に出会うと嬉しく、
……なんというのでしょう、誇らしく?
こんな句に出会えるんだ、というワクワク感がとまりません。

若輩無学なもので、いろいろ教えていただくこともあるかもしれませんが、
また遊びに来させてください。
 

幸二郎さん。ありがとう。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年 8月22日(火)14時44分39秒
  22日の火曜日は体調不良でリハビリを休みました。
酷い便秘でした。トホホです。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 

秋山白兎さん、こんにちわ

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2017年 8月21日(月)09時32分13秒
  白兎さん。こんにちはが九月度の新しい俳句で来ましたね。15日親戚で葬式があり慌ただしい日でした。九月の句は仏教用語が多いですね。又リハビリで詳しくお話してください。有難とう、さようなら  

俳句の色紙。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年 8月19日(土)19時05分44秒
編集済
  ④苦瓜の話し弾めり島育ち
にがうりのはなしはずめりしまそだち。
沖縄出身の女性とゴーヤの話題で盛り上がった。

⑤糟糠の妻に請はれて胡麻を擂る
そうこうのつまにこはれてごまをする。
あれから40年。苦楽を共にした家内から胡麻を擂れだの、莢いんげんの筋をとれだのいろいろと仰せ付けられている。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 

幸二郎さん。9月の色紙です。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2017年 8月19日(土)11時32分4秒
編集済
  ①骨肉と謂ふしがらみの墓洗ふ
こつにくといふしがらみのはかあらふ
肉親というどうにもならないしがらみの墓を洗ってやる。

②馬塞堅く厩に醸す濁り酒
ませかたくうまやにかもすんごりざけ
”ませんぼう”を堅く閉じて馬小屋でどぶろくを作っている。

③心経七遍看経原爆忌
しんぎょうしちへんかんきんげんばくき
原爆忌の朝は般若心経を七遍黙読する。

http://akiyama-hakuto.sakura.ne.jp/

 

レンタル掲示板
/1237