teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


アステーと俺と(仮)

 投稿者:ジャン  投稿日:2016年 3月 5日(土)23時12分47秒
  アステーと俺

少しほったらかしだった~_~;
少し前にアステーと、「またね」したのですが、その最後の日、実家に置いてくる本当のラストラン中、アイドリングが不調になり、ハンチングをおこし、3気筒になったみたいにバラバラ…となってみたりと、調子が悪くなって「もう、限界」と言っているかのよう。
ギリギリまで俺の為に走ってくれたのかと思うと、鉄の塊だけど、感謝と感情が溢れてしまった。


ほんとは、またいつかこのアステーに乗るつもりでしたが、多分、もう乗らないと思う。
だって、だって、だって。

次の相棒は、えぬでーには決まってはいますが、訳あってもう少し先になりそうです。
えぬでーとの日記、またそのうち書こうと思ってます。
 
 

アステーと俺と(仮)

 投稿者:ジャン  投稿日:2016年 1月27日(水)23時19分4秒
  メカいじり

メカいじりも好きで、カルタス時代から自分でメカいじりはやった、足回り交換、油脂類の交換、ブレーキパッド交換くらいはね、お金無かったから、ってより、自分でやれば、タダになるのが嬉しいかったし、メカいじりって楽しいし、効果を体感出来るのも嬉しいしかった。

でも、ある時、アステーのエンジンのタペットアジャストスクリューが飛んだ時をキッカケにエンジンオーバーホール(ヘッドのみ)この時が僕が22歳のときだったかなー。
分解書もなく、学生時代の記憶と薄い経験で組んだんだけど、バラしたエンジンを自分で組んで、かかった時は、かなり感動した…涙
これで、自信がつき、ミッションもデフも自分でバラし、組み、走る。最高!
ミラージュのミッション組みは、熟練が必要で、苦戦しました、汗)
ついで?に八六のエンジンもフルオーバーホールもした、1回失敗したけど…
エンジン組みは何度やっても、最初のイグニションは緊張と感動するものなんです。
アステーのエンジンのブロック以外は全て自分でバラし組んで~。

車の楽しみの全てを教えてくれた、
最高の相棒。
絶対、また乗りたいって思うに違いない。
もうちょぴとだけ楽しませてもらうよ。
 

アステーと俺と(仮)

 投稿者:ジャン  投稿日:2016年 1月13日(水)11時05分4秒
  ガンメタのEF

コッチにきて、ジムカーナもやりたいってんで、イベント探したら、関東圏でもジー6ジムカーナやってる事をしり、最初のジー6は浅間だったかな?その時の僕のエントリーするクラスは20台以上の激戦区、1600までの括りがあったんだっけかな、
結果はってーと、真ん中くらい、
ジムカーナ入門にも優しいコース設定だったので、ニーナナすら無く、いいとこ180ターンまで、1分かかるかからないくらいのコースを練習含む3トライアル、

その頃の僕は、それほど結果は気にせず、周りがどんな人達がエントリーしてるかなんて気にもしなかった、
そんな中、ブッチで勝つガンメタのEFのひらがなの、ゴ◯ゴ13書いてる人みたいな名、
表彰式では、俺「へー、パチパチ~」

ジムカーナイベント、楽しいとは感じてたので、懲りずにジー6の関越にエントリー、
結果ミスコースと、凡タイだったかな。
そんな中、また、あのガンメタのEFが勝つ、「誰だ?、パチパチ~」
勝ったガンメタのEFの人は、気分良さそうに、練習会の案内を配っている。
ガンメタのEFの人にはその時、僕がいたことすら覚えてないだろう、
言葉を交わすこともなかったが、ただ、僕の印象には残った。

その後、またジー6ジムカーナが、今度はヒーローしのい での開催。
また、あのガンメタのEFはエントリー、この時初めてワクワクをかんじた、
「ジムカーナ人はどう攻略するんだろ」興味あった。
僕も初めてのしのい、しのいのビデオは見てきたけど、ブッツケにはかわりない。
でも、エントリ数が少なかったのと、サーキットってのもあり、1カ所だけ、270が設定された、
僕的にはかなり嫌だった…
が、練習走行からイケイケで走れてた、でも270はヘタレ。

1本め2位か3位だったかな?
1本め終わった辺りから、周りから声を掛けられるようになり、「大穴が来た!」状態。
ガンメタのEFは1位だったかな?

2本め
初めて、勝ちを意識する。
気負う…で、負ける
ガンメタのEFに更に逃げられ、僕は、2位。

が、この時の僕は、かなり印象には残ったに違いない。
表彰式後、初めてガンメタのEFの人に話しかけられ、「速いね、中間で、2秒も離されてたんだよ・・・オベリスク練習会出ないかい?」
もお、お解りだろうでしょうが、このガンメタのEFこそが
ひーりーず氏、
僕がオベに入るキッカケとなったひとである。


 

八六(借)俺と(仮)

 投稿者:ジャン  投稿日:2016年 1月12日(火)22時45分56秒
  皆様 、新年放送会お疲れさまでした。

ニューカーの為にも、リヤ柿の勉強にも、借りてきた八六で参加。
この八六、メンテも兼ねて、約1週間前に借りました、まぁメンテ項目は多々あり、ちと面倒もありましたが…

で、前の日、かくかくしかじかあって、睡眠1時間半(u_u)
まぁ寝なくても朝はくるもので、AM3:20出発。

ロー岡氏を載せて~とりあえず水戸方面へ、朝のR349は怖いくらいにスイスイ~。
1ちかんチョピで水戸に着き、チャーリーさんと合流。
あとは金魚のフン作戦、がこの辺でカラダに痛みが、あまりにも合わないアンコ抜きノーマルシートが効いてきた…
たまらず、途中でロー岡氏とドライバーチェンジ。
横ノリでうたた寝して~コンビニして~到着。

皆様、変わりなくお元気な顔を見れたので、嬉しかった。

で、僕はってーと、初のFR体験、舎弟が乗ってるけど、スポーツ走行は無い。
ひとことでゆーとFRって楽しー!!
早くニューカーが欲し~、なんで、皆んな教えてくれなかった?こんなにFR楽しいと~

走行、休憩中、オベっていろんな人いるよな~なん思ってました。
全日本チャンプな方々、◯◯山アタッカーな人、ミドルチャンプな人、地区戦チャンプな人、なんでも乗れちゃう人、ちょー久々に走るのにそれなりに乗れちゃう人、
これからようやく、開花する人、
まぁ、僕だけど…
皆んなクルマ好きで、走るの好きなんだと実感。
走行会中や、イベント中だ、わりと喋れないし、ちとマニアックな話でも酒飲みながらしたいな~
なんて思ってみたり。

あと、オベ寄りな足をピロ化した方と、八六を途中運転してくれたローポジなひと、オフィシャルありがとうございました。

余談:
帰りに水戸のトンカツ屋さんに行ってトンカツ食ってる僕が、ロー岡くんに
「これって何牛?」



 

アステーと俺と(仮)

 投稿者:ジャン  投稿日:2015年12月11日(金)23時44分55秒
  俺レギュ

昔から、変なこだわりがあり、そのせいで、ドラテクや成績に良くも悪くも影響されたものです。

例えば、車高。
リヤはフェンダーがタイヤにカブるくらい!なんてこだわりがあって、リヤに合わせてフロントを下げてた時期もありました。

例えば、タイヤサイズとパターン。
禁Sタイヤ、でフロントは205、禁16インチだったり。

例えば、リヤブレーキ
メタルは使わないとか。

例えば、ステッカー貼らない
見た目フツーがマル、一時、GTウイングは付けたり、黒っぽくボンネットしてみたり、やっぱフツーがマル

例えば、デフ
ガチガチにしない
駆動系に悪いから、音がいや。

例えば、空気圧、
何処だろが、ドライだろうが、ウエットだろうが、同じ。
これはずーっと、ほぼ、変えず。

他にもいくつか、どーでもいいのはあったかな。
でも、見た目とデフと空気圧はとりあえずは解禁にしてみたり、また戻ったり。

そんな俺レギュでした。
 

アステーと俺と(仮)

 投稿者:ジャン  投稿日:2015年12月 8日(火)20時33分39秒
  乗りたい車。

今まで、乗りたいと思った、くるま達

・ワンダーシビック
カッコいいから。

・プリメーラ  P10
基本的にはセダンが好き、足回りの形式が理想的。

・インテグラ DB8
デーシー2よりも、スタイルがすき、もう少し軽ければ、乗り換えたかも。

・S2000 ap1
一度はブイテックリヤ柿に乗ってみたかったけど、乗りこなせないのが目に見えたので…

・エリーゼ 形式不
駅シー爺よりエリーゼのほうが、名前が好き。

よんくは基本好きくない…、強いて言えば初代レガシーとエボ3。

 

アステーと俺と(仮)

 投稿者:ジャン  投稿日:2015年12月 7日(月)22時05分48秒
 

ミニサーキットが好きだけど、ボンビー社会人の若僧には毎月のようにサーキットに行ける訳もなく、夜な夜な峠ドライブを楽しむのがもっぱらでした、(今思えば、いくらでも、節約できたけど…)

フィールドはバイク雑誌にも出たことがある、三ヶ日ミカンの畑の広域農道や、安城の?本宮山にいったり、伊良湖岬付近のイチゴハウスが沢山見える所、袋井のお化けが出るってとこ(後からしったけど、かまわず何度かいった。)
てな感じで、いろんな場所に行って、夜間ドライブを楽しんだ、ドライビングってより、景色が流れるかんじ、色んなところをはしるのも好きだ…
またいきたいな…でも、いけないなぁ…ジーン。
 

アステーと俺と(仮)

 投稿者:ジャン  投稿日:2015年11月23日(月)22時25分42秒
  初めてのジムカーナ。

アステーを手にいれ、まず最初に走ったのが、いつものYZサ◯キット、
サーキットで走るのが主で、夜勤が終わって、ガス満にして朝まで走って、ドライビングテクニックを磨くってより、ストレス解消に、よるのドライブでしていた。

ところで、ジムカーナ仕様ってやつだけど、なんだ?ってんで、先輩にきくと…コレコレコンナンやつだよと教えてもらい、
じゃあ、やってみようってんで、調べると、
近くに キョウセイドライバ◯ランドってのがあるんで、とりあえず、練習会に参加、確かソ◯スさんだったかな…

行ってみると、バリバリのカラーリングしてある、ランサーやらインテやらシビックやら、
その時流行っていたのか、リップのみ赤かったり、青だった車もいたっけ…

ミニサーキットとか峠出身の僕には、あまり馴染めない空気があったので、いっそ、「フツーのアスティでミニサーキット出身の僕が勝てたら、カッコイイじゃねえか!」
で、周りはSタイヤを履くのが多いなか、ラジアルでジムカーナを始めたのでした。

でも、本格的にやるつもりはなく、ジムカーナ練習会とミニサーキットの両方をやるけど、ミニサーキットの方が当時は好きで、主にミニサーキットが中心でした、

そんなある時、ジムカーナの大会にも出てみよう、なんて思い、最初に出たのが、東海シリーズ、キョウセイのオープンクラスだったかな?入門向けのクラスな位置づけ
とはいっても、現役を退いた、Sタイヤを履いたシティがゴロゴロしてるクラスのなか、3位を獲得。

キョウセイだったので、直角コーナーが多いレイアウトを、その時◯カの一つ覚えみたいに使っていたブレーキングドリフトで走っていたのがよかったのかな~、入門向けイベントもあり、サブロクやニーナナもなかったし。
でも、サーキットにくらべ、本数は走れないし、車が冷えているうちに全開をくれるのは心許ない。
おまけにジムカーナをやるには必ずでててくるサイドターン、でも、これが全然できない。
だから、サイドターンから逃げて、ミニサーキットの方が好きだった…

ミニサーキットは作手サーキット、瑞浪、鈴鹿南にも行ったこともある。
鈴鹿南では、当時RE◯1グランプリってので、インテグラやシビックがいる30台のなか、ウエットコンディションでは4位にいたこともある、でも、ドライになり、真ん中くらいで終了。

ジムカーナはキョウセイ、福田(ふくで)にいったけど、1つ上の先輩が乗るCAミラージュによく負けた。
2000年だったかな、東海地区であった「アソブー」ってジムカーナイベントで、当時、全日本選手の黄色FDに乗る、確か永◯選手に絶賛された事もありました。
こんな感じで、アステーとのジムカーナライフは始まったのでした。



 

アステーと俺と

 投稿者:ジャン  投稿日:2015年11月19日(木)22時54分19秒
  出会い。

最後のイベントもなんとも僕らしい終わり方だったのですが、まだアステーの有効期限の2月までは、大事に乗りたいと思ってますよ。

こんな、僕のアステーとの出会いは、15年前の5月
その時の会社の先輩達に連れられ、カルタスGTI(AA34S)で、2~3ヶ月に1回のペースで、岐阜のYZサ◯キットへ走りに行っていた、何度か行くうちに、車もチューンしたい!と思うのが若さであり、でもよくよく調べると、カルタスにはあまりチューニングパーツが無いことに気づき、LSDは今でこそクス◯では受注だけど、当時はスズキスホ??ーツのパーツも生産終了、サスペションを替えたくらいで、我慢しながらサーキットへ行った時…
上級クラスをみていらたら、

衝撃波をくらった…


なんじゃ?あのスタイル抜群の車は!しかもハエーじゃねえか。
先輩にきくと、「ミラージュだよ」と教えてもらったけど、そんなこと知っている、その後に

アスティ。

一目惚れでした。
この1週間後には、中古車情報誌を立ち読みして、探したけど、あまり無い…
その中古車情報誌の隣りにあった、競技車系雑誌をペラペラ…
あった…
モンスタ◯ってとこのジムカーナ仕様ユーズドカー108万円!

電話して「これ、欲しいです!」
この3週間後には、今のアステーが相棒になりました。

この時の雑誌、スヒ??ードマインド、今だに持ってます。


まぁ、こんな感じでアステーとの思い出、書いてってもいいかな。








 

続・イバチューにムチュー (完)

 投稿者:ジャン  投稿日:2015年11月17日(火)23時20分11秒
  第9話  ヘステバル2

アステー最後の戦いのイバチュウ。
最後くらい、戦闘力フルのフロントに225を投入、
道中の運動公園Pで交換。
が、雨…
到着するも、ウェットを走るには、フロントタイヤの皮むきが完璧ではない感じ…
まぁ、2ほんめ勝負とはわかってけど、あんまりな…

準備をするなか、アステーのエントリー名を見た戦友の方々が、声をかけてくれたのがとても嬉しいかった。
新潟枠で参加なんで、新潟の方々ともいろいろ話をしてみたり。

コースは恒例の上段から下段に降りてまた上るパターンはなく、ダブルフリーターンがあるレイアウト、
最近じゃ、コースを覚えるのも慣れたもので、2回も歩けば覚える。
ラストランだというのに、全く緊張感なく、余裕の感じでしたが、セルボ様氏には「いつもと表情が違いますよ」と、見抜かれてみたり。

雨の降る中の1ほんめ。

スタート2000回転スタートするも、皮むきされないタイヤは全く食わず、その後の270もズルズル…
解ってはいたけど、こんなにも食わないとは…
上段も超安全運転で、攻めるどころじゃない、
上段フリーターンのところあたりでようやく一皮向けた感じで、その後は手ごたえありの感覚、そのあとは感覚的には、まずまずの感じでゴール、
あまり自分のタイムは気にせず、ライバル達のゴールタイムにみみを傾けていたけど、やっぱりcrxはハエー

クラス終了後タイム見たけど、予想以上に離されてたのにはガッカリでした。

雨は止み、から揚げ弁当と豚汁くって、試走の今年地区戦チャンプのライバル氏とも慣熟、(ライバル氏が僕をライバルと思っているかはさておき…)

でも、路面はまだウエット、
アステー最後の1ぽん

下段でチョイミスも、中間タイムはなかなか、上段の外周はスピード殺さず感覚もいい、ダブルフリーターンは左→左の予定が、身体が勝手に動き左→右に反応(なんでかな…)でもロスなく回ってたんじゃないかな、
コース終盤中段に差し掛かったところまでは、完全にラインは覚えていたのに、完璧にコースはあったのに、

中段折り返しパイロンをガッツリ踏み、その後ミスコース…
簡単に言えばコースが飛んだんだけど…なんか違う、アステーのトラブルでも無い、多分、感情が溢れたのかな多分(笑)



ある意味盛り上がったかな^^;絶叫様のお陰で。

結果は1ほんめパイロン、2ほんめミスコースのなんともカッコ悪い結果になってしまいました。
少しでも期待してくれた方、応援してくれた、ギャラリーさん達やライバル達の方々、塾長。
スンマセン…
結局、1度も勝つこと無く終わっちやったな。

次のマシンでは、必ず勝ちます!(自信だけはいつもある)

期待しないで期待してください。




 

レンタル掲示板
/65