teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 試運転です。(1)
  2. 秋山白兎に話したいこと。(0)
  3. すいませーん(1)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


宇都宮雅代さん。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2022年 1月21日(金)07時15分57秒
編集済
  テレビドラマの「大岡越前」の妻・雪絵役や鬼平犯科帳などで好演しました。美人ですが男運には恵まれなかったみたいです。
 
 

苗代苺。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2022年 1月16日(日)09時01分22秒
  ナワシロイチゴ(苗代苺、学名:Rubus parvifolius)とは、バラ科キイチゴ属に分類される植物の一種。別名アシクダシ、サツキイチゴ、ワセイチゴ、サオトメイチゴ、ウシイチゴ。

茎は木質化するが、立ち上がらず、他の草の上に覆い被さるように育つ。その茎から出る枝は短く立ち上がる。茎には棘がある。葉は三出複葉、時に五出、あるいは繋がって三裂の場合もある。小葉の葉先は丸く、あらい二重の鋸歯がある。葉の表は明るい黄緑で、葉脈がくぼむのでしわがあるように見える。葉裏は白い綿毛を密生する。葉は落葉性。

花は短く立ち上がる枝の先に散房状につく。花は赤っぽい紫だが花弁が小さいので目立たない。苗代の頃に赤い実が熟すため、この名がある。花期は5~6月。日当たりの良いところに生え、雑草的に生育する。赤紫色の花をつける。果実は食用になり、生食には向かないが、砂糖を加えてジャムにすると美味。

古くは琉球王国で「タカイチュビ」とされ他のキイチゴ(オオバライチゴ、リュウキュウイチゴ、ホウロクイチゴなど)とともに栽培され、現在首里城敷地内で展示されている。


桜町の堤防などにあります。熟れた苺は結構おいしいですよ。
 

苗代イチゴ

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2022年 1月16日(日)05時44分56秒
  秋山白兎さんおはようございます。今日の誕生日の苗代イチゴですね。
ナワシロイチゴ (苗代苺、学名: Rubus parvifolius )とは、 バラ科 キイチゴ属 に分類される 植物 の一種。 別名アシクダシ、サツキイチゴ、ワセイチゴ、サオトメイチゴ、ウシイチゴ 。 茎は木質化するが、立ち上がらず、他の草の上に覆い被さるように育つ。秋山白兎さんおはようございます。ご感想をお願いします。
 

立坪菫。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2022年 1月15日(土)08時37分49秒
  タチツボスミレ(立坪菫、学名:Viola grypoceras)は、スミレ科スミレ属の多年草。日本で、ごく身近に見られるスミレ類の一つである。丸い葉と立ち上がる茎が特徴である。

日本のスミレ属は種類が多く、さまざまなものが各地に見られるが、花がほぼ同じ時期に見られるため、混同して扱われている場合が多い。種としてのスミレも普通種であるが、それ以上に普通種であり、日本を代表するスミレがタチツボスミレである。いくつかの近似種とともに広く見られる。

タチツボスミレとスミレは、次の点で違いが見分けられる。

タチツボスミレ V. grypoceras A. Gray
茎は地中で短いが、成長すると茎は地表に伸びて立ち上がる。葉は始めは根出するが、茎が伸びると葉もそこにつくようになり、丸っこいハート形。花は薄紫。
スミレ Viola mandshurica W. Becker
茎は地中で短く、立ち上がらない。葉はすべて根出し、細長い矛型。花は濃い紫。

地下茎はやや短く、わずかに横にはい、古くなると木質化する。根出葉は細い葉柄があって、葉身は心形(ハート形)。葉にはあまり艶がない。花期は3 ~ 5月。花茎は葉の間から出て立ち上がり、先端がうつむいて花を付ける。花は典型的なスミレの花の形だが、スミレより丸っこく、花色は薄い紫が普通。

花期が終わると、葉の間から茎が伸び始める。茎は始め斜めに出て、それから立ち上がり、その茎の節々からも葉や花が出る。茎は高さ20センチメートルほどにまでなるが、年は越さず、次の春には、また地下茎から出発する。

北海道から琉球列島、国外では朝鮮南部、中国南部まで広く分布する。野原から山林内までさまざまな環境で見られる。垂直分布も幅が広く、本州中部では海岸から亜高山まで見られる。畑の周辺にもあるが、都会では本種よりスミレの方が優勢とされる。ただし個体数では本種が日本産スミレ中最大との評もあ。
 

タチツボスミレ

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2022年 1月15日(土)05時42分37秒
  秋山白兎さんおはようございます。今日の誕生日のタチツボスミレですね。
タチツボスミレ(立坪菫、学名:Viola grypoceras)は、スミレ科スミレ属の多年草。日本で、ごく身近に見られるスミレ類の一つである。丸い葉と立ち上がる茎が特徴である。秋山白兎さんおはようございます。ご感想をお願いします。
 

キャッツテール。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2022年 1月14日(金)08時22分47秒
  アカリファは世界の熱帯・亜熱帯地方にあり生垣や庭木によく利用されています。中でもキャッツテールは西インド諸島原産の非耐寒性多年草で、草丈10cm前後でほふく性がある草姿をしています。春から晩秋にかけてねこじゃらしのような、猫の尻尾のような長さが5~10cmの赤い花序を多数つけるので「キャットテール」と呼ばれます。茎は細く、鉢植えにすると鉢からこぼれるように花をつけます。ハンギングバスケットで垂らすように仕立てるのも見事です。1つの花の観賞期間は長く雨にあたらなければ約1カ月ほど楽しめます。耐寒性が弱く5度以下になると枯れてしまうため冬場は室内で管理します。  

キャツテール

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2022年 1月14日(金)05時21分32秒
  秋山白兎さんおはようございます。今日の誕生日のキャツテールですね。
キャッツテールは、ネコジャラシのようにふさふさとした真っ赤な花穂を多数つける、愛嬌のある花です。西インド諸島原産でトロピカルな雰囲気もあり、鉢やコンテナに向き、寄せ植えにも利用されます。四季咲き性で、温度があれば一年中咲き続けます。枝分かれしてこんもりと丸く茂るので、コンテナの縁から垂らすように育てるのはもちろん、吊り鉢でシャンデリアのように仕立ててもおもしろいものです。花穂は蕾のときから赤く色づき、咲きながら成長して長さが5~10cmくらいになります。観賞期間が長く、雨に当てないよう管理すると、一つの花穂が1か月近く観賞できます。
同じアカリファ属には、近縁種のベニヒモノキ(Acalypha hispida)があり、こちらは大型で花穂が長さ50cmくらいに垂れ下がって見事です。なお、ほかにもキャッツテールと呼ばれるものに、黄やオレンジ色の長い花穂を伸ばすユリ科のブルビネラ(Bulbinella)、シルバーキャットと呼ばれるものに白くふさふさした花をつけるヒユ科のアエルバ(Aerva)がありますが、まったく別の種類の植物です。秋山白兎さんおはようございます。ご感想をお願いします。
 

スズランエリカ。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2022年 1月13日(木)13時52分4秒
  原産地は南アフリカのケープ地方南部で、ツツジ科。

エリカの種類は600種以上あり、大部分は南アフリカに分布している。
枝先に扁平な白い壺形の花を3つずつ付ける。

そして、枝の分岐が非常に多いので、ビッシリと咲く。花はドウダンツツジを平らにつぶしたような感じである。

根が細く乾燥に弱い。ところが、水をやりすぎると根腐れを起こす。

花がスズランに似ていることから、スズランエリカと名づけられた。

花言葉:幸せな愛を,愛らしい妖精,幸福を取り戻す,幸福の訪れ。
 

すずらんエリカ

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2022年 1月13日(木)05時46分54秒
  秋山白兎さんおはようございます。今日の誕生日のすずらんエリカですね。
低木性のエリカで、枝先に真っ白で小さな花が三つ咲くのですが、枝の分岐が非常に多いので、びっしりと咲きます。高さは60センチほどまでになります。耐寒性があり、冬は戸外で管理します。とはいえ霜に当たると傷みますので、冬は軒下で管理してください。乾燥・過湿ともに弱いので、水遣りには注意しなくてはいけません。冬の間は土が乾いたら水をタップリと与えるようにします。
まとめ
●水やりは土が乾いてから。
●根が浅く乾燥しやすいのに、根腐れもしやすいという矛盾した性質があり、日本の夏に弱い。
●夏の暑さに弱く、蒸れて枯れるため通年で育てるのは難しい
●庭植えには適さない。鉢植えが推奨。ただし秋に植えつけて一年草と考えるなら庭植えもいいかもしれません。秋山白兎さんおはようございます。ご感想をお願いします。
 

金盞花。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2022年 1月12日(水)19時45分22秒
  キンセンカ(金盞花)は、キク科の植物。別名はカレンデュラ、ポットマリーゴールド。 最盛期は3月~6月、朝方に開花する一日花。

原産地は地中海沿岸。北アメリカ、中央アメリカ、南ヨーロッパなどで栽培されている。春咲き一年草として扱うが宿根草タイプは冬を越すので「冬知らず」の名で市場に出回る。

葉は長さ5~18センチメートルの単葉、しばしば荒い毛が生えている。花径10cmほどでオレンジ色や黄色の花を咲かせる。花容は一重、八重、また中心に黒のスポットのあるものと多彩。

日本では観賞用として花壇などに植えられるが、ヨーロッパでは原種はハーブの1つに数えられ、エディブル・フラワー(食用花)である。キンセンカの軟膏は火傷からにきびまで幅広い皮膚のトラブルの治療薬になると考えられている。 「貧乏人のサフラン」、「エジプトサフラン」と呼ばれるように、花弁がサフランの代用品として利用されることが多い。

チョウ目の幼虫(ヨトウガ、キシタバ、ヤガのような)の餌として用いられる。

キンセンカが作られたことを示すといわれる神話は、クリュティエとヘーリオスの物語であるが、通常この物語はヒマワリかヘリオトロープを指すとされる事が多い。もっともヒマワリはアメリカ大陸の原産であり、神話の時代にはギリシャでは知られていなかった。

中世の頃はキンセンカを眺めているだけで視力が強化されると考えられていた。

種まきは秋か早春にするが、寒冷地以外は秋まきが普通である。18~25℃の気温下では種まき後5日ほどで発芽する。土は選ばないが酸性土壌では育ちが悪く、弱アルカリ性の土壌を好む。また日当たりを好む。茎は直立性で20cmから1mの高さ。よく分枝するので、切り戻してそれを促す。開花期間は春先から初夏である。栽培は容易であるが、うどんこ病、アブラムシが発生する。
 

レンタル掲示板
/1593