teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 試運転です。(1)
  2. 秋山白兎に話したいこと。(0)
  3. すいませーん(1)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


雌刈萱です。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2018年 9月21日(金)19時49分23秒
  雄刈萱・・・オガルカヤもありますね。
これは安倍川の堤防や高水敷にあります。イネ科ですからススキや茅と同じ仲間ですが屋根の材料としてはススキの方が優れていますのでカラカヤやチガヤは主に馬や牛の飼料として刈られていたと思います。
私の住まい・・・桜町は元々は伝馬町新田でした。伝馬町で飼われていた駅馬の飼葉を刈り取るところを開墾して出来た新田です。
 
 

芽がる萱

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2018年 9月21日(金)19時03分16秒
  メガルカヤです、秋山白兎さんこんにちは、今日は屋根のかや葺きに利用されススキの一種植物です。メガルカヤは北海道から南西諸島にまで分布する多年草。高さ1m程になり、草原や法面、路傍、畦道の周辺などに生育する。ススキやチガヤなどとともに、刈り取り草原の重要な構成種とされるが、岡山県ではさほど多くはない。カルカヤは「刈る茅」であり、屋根葺きなどに利用され、刈り取る対象と認識されていたことがわかる。メカルカヤ、あるいは単にカルカヤとも呼ばれる。ススキよりもやや草丈が低く、平坦地では競争に弱いように思われる。ため池などの堤防法面では時折群落を形成して繁茂しており、花時には頭を垂れて、周辺のススキを押し広げているような印象がある。頻繁な刈り取りには抵抗性は低いのではないかと思う。
 花序の苞葉には長い毛が顕著である。このような毛はメリケンカルカヤの命名のもととなっている。秋山白兎さんこんにちは、ご感想をお願い致します。
 

パピルス。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2018年 9月21日(金)10時47分43秒
  カヤツリグサといえば世界最古の紙の原料となったカミガヤツリ・・・パピルスですね。2mくらいになる巨大なカヤツリグサです。
普通のカヤツリグサは子供のころ茎を裂いて広げて蚊帳みたいにして遊んだことがあります。
 

かやつりぐさ

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2018年 9月20日(木)19時07分57秒
  秋山白兎さん、こんばんは。今日は山野草雑草のかやつりぐさです。
背丈は30cm程度、大きいものでも50cmくらい。全体に緑色で、つやがある。根元には少数の細長い葉がある。その真ん中から直立する茎を伸ばす。茎は節がなく、枝分かれせず、真っすぐに伸び、先端に花序をつける。茎の断面は、三角形になっている。
花序の基部には葉の形の苞が数枚あり、何枚かは花序より長い。根元の葉が少ないので、全体としては頭でっかちな姿である。
小穂は平らで細長く、多少褐色を帯びる。小穂が小軸からやや大きい角度で突き出し、それがずらりと並んでブラシのようになったものが茎の先端から伸びた柄の先にいくつかついて、そういう柄が茎の先端から数本伸びたものが花序を形成している。茎の先端に直についた穂もある。
花は小穂の鱗片の中に収まり、雌しべを雄しべが取り囲むだけの簡単なもの。雌しべは成熟して果実になると、鱗片とともに脱落する。
果実は褐色でつやがあり、断面は三角形をしている。今日は松富リハビリテーションでお世話になりなりました、秋山白兎さんのご意見をお聞かせください。
 

ととき。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2018年 9月20日(木)06時48分11秒
  ツリガネニンジンの若芽はトトキと呼んで美味しい山菜です。
同じ仲間のソバナも食べられるんですね。
子供のころにこれは食べられるんだよとお袋に教わりまっした。
 

そばな

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2018年 9月20日(木)05時50分9秒
  秋山白兎さん、おはようございます。元気ですか、今日は山野草のソバナです。
ソバナ(岨菜)は、本州、四国、九州、朝鮮半島、中国の山地に分布するツリガネニンジンの属の植物です。
種から育てて10年以上になり、鉢植えは大きくなり過ぎるので、他の植物と入り混じってしまったので、植え替えや挿し芽、種などでの更新を考えています。
下に、仲間の自生地で写したツリガネニンジンを載せています。ハクサンシャジンとツリガネニンジンは区別しないという意見もあるようですが、見分けることが出来ませんでした。
 

紫馬簾菊。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2018年 9月19日(水)20時48分43秒
  色や形状を的確に表していますね。
纏は鳶組合にありますので実物を見たことありいます。

伊藤聡子さんは聡明な感じで良いですね。ありがとう。
 

エキナセアの花

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2018年 9月19日(水)19時55分51秒
  秋山白兎さん、こんばんは。今日はエキナセアです。
エキナセアは、北アメリカに9種が分布するキク科の多年草です。
その内、美しい花を咲かせる数種が観賞用に栽培されますが、日本で主に流通するのは、ムラサキバレンギクの和名を持つプルプレア種(Echinacea purpurea)です。
プルプレア種は、アメリカ東部のミシガン州からアイオワ州に始まり、南東部のルイジアナ州からジョージア州にかけて分布するエキナセアです。
自生地は日当たりの良い草原や牧草地で、先住民が古くから薬草として用いてきた歴史を持つ植物です。
ハーブティとして利用される他、炎症や傷の治療にも用いられてきました。
※経口摂取では、稀にアレルギー症状を引き起こすので注意が必要です。
また、根茎には生物の免疫力を活性化させる成分があることが分かり、現在、HIVウイルスの研究者によって研究が進められています。
日本には1926年頃に渡来しています。
エキナセアの花期は6月~9月。
花期になると、茎の頂部に、花径7~10㎝程度の頭花を一輪咲かせます。
頭花は中心部の筒状花と周囲の舌状花から形成されており、放射状に広がる舌状花は咲き進むに従って下垂します。
和名のムラサキバレンギクは、この花姿を馬簾に見立てたものです。
馬簾とは、江戸時代の火消しが旗印として用いた纏(まとい)の周囲に垂れ下がる、紙や革を細長く切って作られた飾りのことです。
中心部の筒状花は盛り上がって付き、垂れ下がる舌状花と共にユニークな花姿をしています。
切り花にしても花持ちが良く、花後も球状の形が長く残るので、ドライフラワーにすることも可能です。秋山白兎さん、ご感想をお願い致します。
 

伊藤聡子さん

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2018年 9月19日(水)16時49分39秒
  秋山白兎さん、こんにちは、今日は秋山白兎さん、希望の伊藤聡子さんです。
新潟県糸魚川市出身。新潟県立新潟高等学校を経て、東京女子大学文理学部英米文学科卒業。
事業創造大学院大学修了。大外在学中の1989年からTBSの「サンデーモーニング」にリポーターとして出演。
その後も「スーパーモーニング」「ベストライム」などのワイド番組のキャスターを務めた後、2002年から1年間ニューヨークたのフォーダム大学に留学しています。
何か凄い才女ですよね・・・。
身長は164センチ、体重は非公表、スリーサイズも非公表ですが、Dカップと言われています・・。
 

伊藤聡子さん。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2018年 9月19日(水)12時50分43秒
  年増だけど可愛いですね。  

レンタル掲示板
/1333