teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 試運転です。(1)
  2. 秋山白兎に話したいこと。(0)
  3. すいませーん(1)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


百合水仙。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2018年12月13日(木)17時44分43秒
編集済
  ゆりずいせん(百合水仙 ・アルストロメリア)
ユリズイセン科もしくはアルストロメリア科は、南アメリカ南部原産の球根植物。
春、秋に植え込み  6~7月開花  草丈50cmまで西日のあたらない水はけの良い涼しい場所に植える。
寒さにはすこし弱いが耐寒性のある品種もあり花色は多色あり エキゾチックな花 花径6cm程度、別名はインカの百合 高温多湿を嫌う。

この花はみたことあります。インカの百合はいいですね。
 
 

ゆずりスイセン

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2018年12月13日(木)17時28分25秒
  秋山白兎さんこんにちは、今日は松富リハビリテーションでお世話になりました。今日の花は水仙の一種ゆずり水仙です
南アメリカの寒冷地に自生するアルストロメリア属の園芸品種。日本では「ユリズイセン」の名で流通している
秋山白兎さんご感想をお願い致します
 

幸二郎さん。おはようございます。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2018年12月13日(木)06時40分55秒
編集済
  ヤマモガシ科レウコスペルマム属のアフリカ原産の樹。花が、針を刺した針刺しに似ていることからこの名がついた。生け花やフラワーアレンジメントに用いられる。学名はレウコスペルマム。写真の花はみたことがありません。
ヤマモガシ科というとナッツが美味しいマカダミアというのがありましたね。
 

ピンクッション

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2018年12月13日(木)05時54分26秒
  秋山白兎さんおはようございます、寒い朝ですね!今日の花の誕生花ののピンクッションです。
頭状花序で径9~10㎝の球形。花被から長い雄しべが突出する。春に開花し6~8週間咲き続ける。
葉の特徴
葉の形は様々で、心臓形又は卵型で、全縁から鋸歯のあるものまで同一株でも変異が見られる。
実の特徴
白色でつやのある種子
この花について
別名 レウコスペルムム。属名はギリシャ語のレウコ(白い)と、スペルマム(種子)に由来する。鳥媒あるいは虫媒花で、白い種子にはアリが好むイライオソームという器官が付いていて、これを食べたアリが種子散布を助けている。
秋山白兎さんおはようございます、ご意見をお聞かせください。
 

貧乏草。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2018年12月12日(水)10時48分52秒
編集済
  春紫苑(ハルジオン)の別名を貧乏草というそうですが、食べようと思えば食べられるそうです。
ヤブガラシというブドウ科のつる草も食べられますが別名を貧乏葛といいます。
こういう野草を食べるのは貧乏人だという意味も含まれているのかもしれませんね。
 

ハルジオン

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2018年12月12日(水)05時54分29秒
  秋山白兎さんおはようございます。今日の花はきのハルジオン
今日の誕生日花です。
舌状花の色は白、ピンク、薄紫などである。
黄色い大きな筒状花の回りに車状にきれいに並ぶ。
蕾はうな垂れる。
葉の特徴
根際には長い楕円形またはへら形の葉が放射状に何枚かつく。
茎につく葉は互い違いに生え(互生)、茎を抱く。
全体に軟らかい毛が生える。
実の特徴
北アメリカ原産の帰化植物で繁殖力があり、都市近郊に多く見られる。
大正時代に観賞用に日本に持ち込まれたものが野生化したのだという。
牧野富太郎博士の命名で、春に咲く紫苑(シオン)という意味である。
別名を春女苑(ハルジョオン)と言うが、これは似ている野草の姫女苑(ヒメジョオン)と対比してつけられた名である。
秋山白兎さんのご感想をお願い致します。
 

済州島。

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2018年12月11日(火)20時32分43秒
  チェジュには二度ゆきました。魚介類は新鮮で美味しかったですがなにしろ矢鱈と辛いのにはまいりました。
島の中央にハンヌサンとかいう高い山があってワラビやタラの芽がたくさんありました。日本と近い植物が多かったです。水は美味しかったです。
 

たんなわれもこう

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2018年12月11日(火)19時48分56秒
  秋山白兎さんこんばんは。今日の花は山野草のたんなわれもこうです。
ワレモコウ  の仲間は  ナガボノシロワレモコウ  を除き、 ミヤマワレモコウ  、 ハッポウワレモコウ  、 ナガボノアカワレモコウ  など濃い赤色をしているが、これはピンク色。済州島原産で、タンナ(耽羅)は済州島の古名。日本では園芸種として流通している
秋山白兎さんのご感想をお願い致します。
 

ベンケイソウ科カランコエ属 .

 投稿者:秋山白兎  投稿日:2018年12月11日(火)12時54分45秒
  ベンケイソウ科はエケベリア属など多肉植物が多いですね。
コチョウノマイ(胡蝶の舞)やコダカラソウ(子宝草)は松冨リハで見たことあります。
写真の黄色い花はみたことありません。
今日は幸二郎さんがお休みでしたので盛り上がりに欠けました。
 

からえんこ

 投稿者:幸ちゃん  投稿日:2018年12月11日(火)09時12分22秒
  秋山白兎さんおはようございます、今日の花は誕生花のカラエンコです。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、小さな花をたくさんつける。
花弁は4枚である。
花の色は赤、ピンク、黄色、オレンジ色など多彩である。
葉の特徴
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には丸いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質は肉厚で、明るい緑色をしている。
実の特徴
その他
カランコエの仲間は種類が多いが、普通カランコエといえば、ベニベンケイ(Kalanchoe blossfeldiana)の改良種をさす。
属名の Kalanchoe は、中国名の「加籃菜」の音に由来するという説がある。
種小名の blossfeldiana は「(品種改良をした)ブロスフェルト商会の」という意味である。
秋山白兎さんおはようございます、ご意見をお聞かせください。
 

レンタル掲示板
/1369